野球の基礎はキャッチボールにある

投球

野球は今も昔も子どもたちに人気のあるスポーツと言えます。野球好きの子供たちは学校のクラブに所属するなどして、その技術に磨きをかけています。野球の技術と言うと難しいイメージがありますが、その基礎は実に簡単です、それはキャッチボールにあります。グローブを持って、2人が向かい合ってお互いにボールを投げあいます。これこそが野球の基礎です。最初は近い距離をスローで投げあい、徐々にその距離を離していきます。十分な距離感覚が取れたら、オーバースローで投げあいます。ポイントは耳の横グローブ1個分のスペースを空けた位置に腕が来るようにして投げることです。こうすることで肩への負担が少なくなり、腕にも力が入ることとなります。

なおキャッチボールの際に声を出して投げることが良く見かけられますが、これはあまり良い方法ではありません。むしろ声を出さずに集中して取り組む方が効果的と言えます。またボールは両手で捕るように指導する人もいますが、これも必ずしも良い方法ではありません。実践の場では難しい体勢で捕ることもあり、そんな場合に無理して両手で捕ろうとするとかえって捕りにくくなり、場合によっては転倒してしまうことにもなります。従って片手で捕ることも必要と言えます。

投球