意外と知らない野球の基礎的なルール

野球のトレーニングは、筋力作りや技術を磨くだけではありません。頭を使うスポーツですから、基礎的なルールをしっかりと理解したうえで、状況に応じた判断を下す力を身につけることも重要です。

例えばツーストライクの時点で打者が空振りをした場合、捕手がボールを捕球できなければ打者は一塁へ走ることができ、捕手の送球よりも早く一塁に到達することで、記録上は三振でもランナーとして生きることができます。これを「振り逃げ」と言い野球規則の中でも基礎的なものですが、どのような状況でも振り逃げができるわけではありません。無条件で振り逃げが可能なのはツーアウトの時だけです。ワンナウトもしくはノーアウトの時は、1塁にランナーがいないことが条件となります。

野球のルールを理解している人でも、判断に困るのがボークです。特にボークは頻繁にルール変更が実施されるため、常に新しい情報を入手する必要があります。

わかりやすいケースとしては、セットポジションの際にセットせずに投げた場合です。セットポジションで投げる場合は、一旦セットし動作を完全に止めてから、再び投球動作に入らなければなりません。ワインドアップに関してはセットの必要はありませんが、投球モーションの途中に静止するような動作があればボークとなります。

素振り